JavaScriptの正規表現で文字列の前後の空白を削除する

published: 2018.04.16 / modified:

行頭や行末に含まれている不要な空白を削除したい場合に、JavaScriptの正規表現が使える。
下記のサンプルでは、 replace メソッドで正規表現を利用して、前後の空白を削除している。

var exampleString = '   文字列の前後にある余計なスペースを replace で取り除く      ';
exampleString = exampleString.replace(/^\s+|\s+$/g, '');

Previous Article

Next Article